熊本・九州フランス語講座・翻訳・通訳

九州フランス語通訳・翻訳サービス

Category: フランス語ばってんの特徴   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2019年にもっともフランスのマスコミで注目された記事

今更ですが、2019年に日本が開催したラグビーワールドカップの時に、フランスのメディアで取り上げられた記事です。

熊本在住のフランス人のラファエル ケンジ特集:

72249562_2551257425104587_856878351015477248_o.jpg

仏訳:

ラファエル タキシスは6才までマルセイユに住んでいた。彼は熊本に暮らす事にした。

日本におけるプロヴァンス生まれのフランス人の生活

 彼は自分の事を「日仏人」だと定義づけている。ラファエル タキシス(38)は、フランスのラ セーヌ シュール メール市に生まれ、彼の父親は、その時に、隣のトゥーロン市で警視の卵として研修を受けていた。彼は14年前に、母親の故郷である熊本に移住してきた。彼にとっては「日本に暮らす事は運命的なもの」であった。子供の頃から、彼は、どうしても日本に強く惹かれていた。それは、心の呼びかけであった。ルーツの呼びかけ。
 子供の時の夏に、当時東京に住んでいた熊本出身の祖母のところに、よく遊びに行っていた。「天国だった」と目を輝かせながらラファエル タキシスは思い出す。「昔、私は祖母に言った。いつか日本に住み、面倒を見てあげるよ」。現在、まさにその通りだ。熊本の老人ホームにいる祖母にできるだけ会いに行くそうだ。
 日本人女性と結婚し、二人の子供の父親でもある。プロヴァンスに生まれた彼は、次女をマノンと名付けた。それは「子供の時に暮らしていた地域に捧げる一方、妻が妊娠していた時に、マルセル=パニョルの同名の小説を読んでいたから」。彼は夢を実現させた。子供の時から、フランスから遠く離れていた夢を。しかも、時間が経てば経つほど、この魅惑は段々と強くなった。
 高校を卒業すると、彼は、自然と日本語を勉強し始めた。「この言葉も、この文化も早い時から習う意欲を感じた。」と彼は説明した。そして、熊本大学に留学する機会が訪れた。彼は、当時、21才だったが、もう決心していた「私は、ここに住む。他の場所は考えられない。」

ラグビーフランス代表を案内した

「母の故郷に留学して、自分の居場所を見つけた。しかし、フランスに帰ると、パリ生活のリズムを取り戻せなかった」と彼は説明する。彼が初めて熊本に来たのは、8歳の時だった。「その時に家族で水前寺公園を訪れた」。1989年だった。平成元年。「そして、不思議と、あれから30年後の令和元年に、2週間前に、同じ水前寺公園でラグビーフランス代表の選手たちを案内した。私にとっては、とても意味の深いものです」。
 熊本で、ラファエル タキシスは、バランスのとれた人生を見つけた。「ここで、アメリカンドリームを実現させた」と彼が微笑む。4年前に、マンションを購入し、テラスからイルカが見えるという天草の海岸沿いの家を購入したところだ。生活に困っていない彼は、相当頑張った。
 最初は、彼は、フランス語を教え始めた。現在、熊本市の職員も彼のフランス語のクラスを受けている。現在、彼はこの商売を熊本で独占している。しかし、2年前に、彼は熊本市国際課の職員となった。そこで、彼は、日本とフランスとの間のパートナーシップの中で、最も盛んである熊本とエクスとの交流を担当している。この仕事の枠内において、彼は、先日「エクスのババリアン」というラグビーのベテランの選手のチームを、フランス語の上手な大西市長への表敬訪問などで、アテンドした。
 彼の仕事を通じて、ラファエル タキシスは、ある意味で、プロヴァンスと日本という両方の故郷に影響された人生の糸を結び続けている。「しかし、私の人生はここにある。ここで晩年を迎えるつもりだ」母親のルーツに根を張って。

子供の時にマルセイユで
彼が生まれたセーヌ市の後、ラファエル タキシスは、長年マルセイユで警視をやっていた父親の転勤で、転々と移動した。クロード タキシスは、フリゥール島でヨットを持っていたが、彼の息子は、未だに「週末にヨットで海に出かけたりしていた」と覚えている。しかし、水色から、パリのため、離れざるを得なかった。「海は突然消えた。6歳でしかなかった私にとってはトラウマだった」とラファエル タキシスは、未だに、ショックを受けている。その後、父の転勤で、アフリカ、ルアン市、アンジェ市、そしてまた、灰色のパリを回った。しかし、彼には、今でも、マルセイユやエクスに友達がいる。さらに、11月4日〜6日の間に、彼の仕事の枠内で、2020年11月16日〜19日の間にエクスで開催される第7回日仏自治体交流会議の合同推進会のために、またエクサンプロヴァンスに来ようとしている。

Category: フランス語ばってんの特徴   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

コロナギャラリー ②

やはり、籠城戦の時に、攻められる方が必ず負けます。

今回、閉店したお店は多かったです。

94629819_2731794487050879_5457540064567361536_n.jpg

台湾の参加を拒否するWHOは、まさに中国の操り人形です。

detros.jpg

死んだ?死んでない?とにかくご無沙汰してます!ご豚刺してます!

キム2

05 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
今日の訪問者様
Monthly Archive
Profile

ラフィケン

Author:ラフィケン
Welcome to FC2