熊本・九州フランス語講座・翻訳・通訳

九州フランス語通訳・翻訳サービス

Category: 自己紹介   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

俳優デビュー

ラフィケン先生はいよいよCMにおいて俳優デビュー 227234.gif

しかも主役及び主人公!

厳しいオーディションを受け、一発で合格↓



こちらはメーキングオフ↓



最後のby ラファエルはまたいいね 20963.gif

Category: フランス語ばってんの逸話   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

職業としての通訳者 ②

また通訳という職業についてのかなり面白い記事↓

les interpretes dABE

ラフィケン先生が大西外交「影の立役者」であるように、ここは安倍外交「影の立役者」についての記事。

入省してからフランス語を初めて勉強するというのはすごいですね!

しかし、この記事をよく見ると、引っかかるところがあります。

それはアラビア語の通訳官のお話です:

「相手の首脳が冗談を言った時、通訳の力が試される...相手の出席者がまず笑うため、日本側も笑いが起きるように訳さなければいけない」

と通訳官が言っている。

正直言って、冗談を訳すのは相当危険だ。なぜなら通じない恐れが高いからだ。

実は、1970年代に、米大統領のカーター氏が日本に来て、ある大学で演説を行った時に、非常に訳しにくいジョークを言ったエピソードがある。しかし、ジョークを言い終わると、学生たちは皆爆笑。

なぜ学生たちは爆笑をしたかというと、通訳者は「みなさん、米大統領は面白いジョークを語ってくれました。どうぞお笑いください」と言ったから。

個人的に、それが賢いと思う。

しかし、その通訳者がしたことが許されず、2000年に総理大臣に就任した森首相は通訳を使わないようにしていたという。そうすると、当時の米大統領を務めていたクリントン氏が来日の際に、英語が得意ではなかった森首相が英語訓練を受けた:

指導者は森首相に「クリントン氏に握手したら「How are you?」と尋ねてください。そうするとクリントン氏は「I'm fine, and you?」を答えるので、首相は最後に「Me too」と答えてください。」と指導した。

森首相は「簡単だ」と自信満々...

当日、首相がクリントンに会うと、間違って「How are you?」ではなく、「 Who Are You?」と質問した。ビックリしたクリントンさんはユーモアを加えて「I am Hillary's husband」(ヒラリーの夫です)とすぐ答えたが、森首相は「Me too」と答えた...

やはり、通訳者の役割は大事。

実は、たまに通訳者がちょっとしたミスで笑わせる時もある...

数年前に当時の市長と数人の議員と熊本市の姉妹都市のエクサンプロヴァンス市に行った時に、ワイナリーを訪問した。

その時にワインの作り方の通訳を務めた。

途中に案内してくれる人が大きな金属の入れ物を見せて「葡萄ジュースをこのタンクに入れて、寝かせておく」と向こうが説明すると、私の頭の中で「この入れ物は「缶」かな?でも缶はビール缶みたいに小さいものだな...桶かな?でも桶は木造だな...多分缶桶!」と一瞬の間で状況を判断して、「葡萄ジュースをこの缶桶に入れて、寝かせておく」と訳した。

そうすると議員たちは大笑い。私は「缶桶じゃなかったんだな」とすぐわかった。でも意味は通じた。

その後、当時の市長は「棺桶の意味わかる?」と確認したエピソードがある...

Category: お知らせ   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

くまモンフランス観光親善大使

熊本とフランスとの交流は盛んです!

くまモンはフランス観光親善大使に就任↓



ティエリー・ダナ駐日フランス大使は実は大西市長にも去年の10月にトゥール市でお会いしたのです↓

P1140389.jpg

大使はその時に私に「あなたは何者だ!?」と訪ねた。

私は「熊本に仕えるものでござる」と答えたエピソードもある。

熊本の知名度はとにかく益々上がっています!

Category: フランス語ばってんの逸話   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

職業としての通訳者 ①

この記事を読むと、通訳という職業は大変だとよくわかる↓

trump intereprete

「英語をフランス語に・フランス語を英語に」が大変でれば、「英語を日本語に・日本語を英語に」はきっともっと大変だ。

なぜなら英語とフランス語は単語の並びが同じだから、同時通訳は比較的に簡単だ。

しかし、日本語(主語+目的語+動詞)は英語(主語+動詞+目的語)の並びは逆だから、同時通訳は本当に難しいと思う。

数年前に熊本市の姉妹都市のエクサンプロヴァンスで行われた国際会議で、フランス語と英語の同時通訳者がいた。

会議にはフランス語圏のアフリカの方がいた。その方が発表した時に、フランス語があまりにもなまっていたので、私はほとんど聞き取れなかった。しかし、同時通訳者は普通に通訳をしていた。

その後、休憩の時に、同時通訳の方に「先ほどのアフリカの方が言っていたことを聞き取れましたか?」と聞くと、向こうはなんと!「ほとんど聞き取れませんでした。だから適当に通訳していました。通訳はそんなもんですよ。」と答えた...

まぁ...確かに、通訳はフランス語で「interprète」つまり、「解釈者」。仕事は「解釈」をすることです...そして通訳者が間に入っている両方の相手が満足であればそれでいい。

実はラフィケン先生も様々な通訳ミッションにおいて、散々痛い目に合った↓

こちらはそのトップ3でございます↓

1. 脱線

「脱線」というのは話が突然噛み合わなくなった時だ。もっとも多いパターンだ。一番困る。
市長とフランスに行った際に、向こうのフランス人との会話の時に、市長が相手に質問をする。
私は質問をそのまま通訳する。
しかし、相手が口を開けると、質問に対する答えではなく、自慢話に移り変わる。
私は質問に対する答えを期待し、相手を遮らず聞ききつづける。しかし、答えはなかなか来ないし、一方で市長は「なんて?なんて?」と通訳を求める。
しかし、自慢話をそのまま通訳したら、市長は、質問が正しく訳されていないと思う恐れがあるし、私の通訳を疑うことになる。
結局、相手を突然遮って、「すみません。市長の質問に答えてください。」と私は答えを求める。
そうすると、やっと質問に答えてくれる。つまり、私はやっと通訳ができる。
もちろん、自慢話をカットして通訳する。そうすると、市長は「答えは長い割には通訳はえらい短いね」とよく不思議に思われる...

2. 習慣の違いから生じる誤解

時々、日本とフランスの習慣や考え方の違いで、通訳しても、誤解が生じるケースが多い。
その代表的な例は以下同様:
数年前にフランスから、牛の専門家が九州に来た時に、長崎の畜産家を訪れた。
数ヶ月前に数頭の牛が同時に発熱したという話になり、フランス人たちは獣医の報告書を見せてもらうように求めた。
私はそれを畜産家に伝え、畜産家は「たった数頭の牛が発熱したって、わざわざ獣医を呼んだりしないよ。」と答えた。
私はそれを訳した。
そうすると、フランス人たちは私を妖しく見て「はぁー!獣医を呼ばなかった?ちょっとあんた!ちゃんと訳しているのかい??牛が発熱したのに獣医を呼ばないなんて!衛生上・法律上考えられないし、ありえない!あなたの通訳は怪しいよ!」と憤慨した。
そして、彼は片言の英語で畜産家に再確認をする。しかし、畜産家は英語がわからないし、話せない。そうすると、県庁の職員が片言の英語で間に入り、通訳を務めた。
日本では獣医を呼ぶことは法律上で義務づけられていないと説明し、フランス人はやっと納得した...

3. リズム保護

通訳は完璧なのに、たまに疑われることもあれば、よく褒められることもある。
特にもっとも褒められるのは、リズムだ。
確かにリズムが大事だと思うので、リズムを守るのに必死だ。
通訳を務める時に、考える余裕がないのだ。思いつくことしかない。
つまり頭の回転が速くないと、リズムが崩れてしまう。
数年前に当時の市長と熊本市の姉妹都市のエクサンプロヴァンスに行った時に、オリーブオイル工場を訪問した。
そこで、そこのオイルの作り方の説明を受けた。
その時に、「ここのオイルの作り方は伝統的で親子代々受け継がれた技術です。」という説明があった。
私はその時に、「親子代々」という単語がパッと出て来ず、漫画の「北斗の拳」の用語の「一子相伝」を一番に思いついた。
だから、「ここのオイルの作り方は伝統的で一子相伝です。」と訳した。
もちろん「北斗の拳」を知っている職員たちは爆笑した。
しかも、「そのオイルは無添加なので、マッサージもできる」と話しになった。「ツボマッサージにも最適です」と向こうが説明し、私はまた「ツボ」がすぐ出てこなかったので、「北斗の拳」の用語の「経絡秘孔」を一番に思いついた。「経絡秘孔マッサージにも最適です」と訳した...
当時の市長はその時にどう思ったかわからないが、とにかくリズムと意味はセーフだった。

経絡秘孔

通訳は大変であれば、楽しい面もたくさんあるよ 187452.gif
つづく...

Category: フランス語ばってんの逸話   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

今週のスパイス

フランス語ばってんはなんと!今週のスパイスの「おっぱいの達人」の舞台になっております!

CIMG6477.jpg
03 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
今日の訪問者様
Monthly Archive
Profile

ラフィケン

Author:ラフィケン
Welcome to FC2