熊本・九州フランス語講座・翻訳・通訳

九州フランス語通訳・翻訳サービス

Category: フランス語ばってんの逸話   Tags: ---

Comment: 7  Trackback: 0

熊本とツール・ド・フランスの密接な関係

フランス語ばってんにフランス語を習われている医者が多いお陰で、興味深い話を聞く機会が多いです。

先日、循環器内科のたけし先生に「先生、来年の熊本城マラソンを優勝することに決めたので、優勝させてくれる薬を処方してください」と言ったら、たけし先生は「エリスロポエチンというのがありますよ」とすぐ答えてくれた。

「エリスロポエチン??」と帰宅し、インターネットで調べると「エリスロポエチンって毎年ツール・ド・フランスをドーピングスキャンダルの舞台にするEPOという薬のことなんだ!」という事実がわかった。

sain.jpg

エリスロポエチンは主に腎臓で生成され、赤血球の生産を促進するホルモンで、医薬品としてエリスロポエチン製剤は腎性貧血に用いられるが、赤血球の増加効果を持つことから、筋肉への酸素供給量を高め持久力を向上させる目的で、長距離系スポーツ(自転車競技、マラソンなど)のドーピングに使用されている。

しかし赤血球が増えると血液が濃くなり、血液粘度が上昇して、血液が流れにくくなるので、様々な症状を起こす危険がある。

「なるほど!なるほど!ツール・ド・フランスを7回優勝したあのアームストロングなどが使用していたEPOのことだね!それなら熊本城マラソンの優勝は楽勝だ!」と採用決定。

armstrong-humour-neil-louis--lance-parodie.jpg

数日後、Facebookでこういう書き込みを載せた:

「Dr HideoやDr MomokenまたはDr KengoもしくはDr KatsunoriあるいはDr Kazuki、それともDr Takeshi、フランス語ばってんのイケメン医者の皆さんへ、
ラフィケンは熊本城マラソンに出ることにしたので、どなたかエリスロポエチンの注射をお願いします!」

流石に公開された書き込みに返事がなかった...

さらに数日後、内科のDr Kengoは「保険は効かないけど、1万円払えば腎臓内科やスポーツ選手と接することの多い整形外科では注射できないことはないと思うよ。」とヒントをくれた。

なるほど!なるほど!

さらに数日後、皮膚科のDr Hideoは「先生、エリスロポエチンの注射しても、トレーニングで走らないと意味ないと思うよ」と私に指摘した...

「走らないと意味ないんだ!」と相当冷めた...なるほど!なるほど!

さらに数日後、小児科のDr Momokenに「Dr Momoken、先日Facebookに載せた書き込みへの返事を待ってますよ!」と勧誘すると、彼は「ラフィケン先生の血はもうじゅうぶん濃いと思うよ!ハハハ!」とからかったが...

...その時!

...「ちなみにエリスロポエチンの精製に成功したのは熊本大学病院の先生だって知ってましたか?」と彼が付け加えた!

ラフィケン先生は「へーーーっ!!毎年ツール・ド・フランスを襲うEPOによるドーピングスキャンダルは熊大の先生による発見のせいだ!!」とびっくり!

ツール・ド・フランスと熊本の間にこんな密接な関係があったとは...!

実は1977年に熊本大学の宮家隆次は、再生不良性貧血患者の尿2.5トンから精製をはじめ、10mgの純化したエリスロポエチンを精製することに世界で初めて成功した!

フランスと熊本の間にやっぱり強い縁があるわ!

arm.png

とにかくマラソンを優勝する夢が見られそぅ~♪

Category: モテない男の料理教室   Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

ラペロ

ラテン語の「apertivus」(和訳:「開く」)から来たラペリティフ(l'apéritif)、略してラペロ(l'apéro)。日本語で訳すと食前酒。

フランス特有の文化の一つで、食事の前の伝統的で、一日のもっとも和やかな時間。

ラフィケン先生んちにも週末の欠かせない時間で、こちらに出てくるペルノをコーラで割って(フランスの外人部隊から教わった飲み方)、飲むことが多い。

しかし、ラペロはお酒だけではなく、おつまみも不可欠!フランスでは代表的なおつまみはピーナツです。

ピーナツと言えば...

先日、八王子センターで...

DSCF6814.jpg

ミックスナッツ発見!

これで一人でも楽しいアペロができるはず!

それと八王子に行った後にミスターマックスでこれも発見↓

DSCF6817.jpg

実はこちらの記事では、Mojitoは15年前からフランスでキールよりも、もっとも人気のあるカクテールだそうです!

この2つの欠かせない要素があれば、最高のアペロができるわけだ!

それが「熊本で経済的に再現できるのフランス人・ライフ・スタイル」というんです。

最後に先日you tubeで見つけたすごく面白い動画を紹介したいと思います。

それはアペロの時に誰でも必ず一回言ったことがあるセリフを紹介する動画です。

フランス語を勉強されている方、ぜひ意味を...ご理解ください



夏って感じだね!

それと確かにこういうセリフをよく聞きます!

以上の文の意味はこちら↓

papier3.png
papiersuite.png

ちなみに日本語で「乾杯!」だけどフランス語で...

DSCF6872.jpg

乾尻!「cul sec !」(キュセッキュ!)

Category: フランス語ばってんの逸話   Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

ちらん

長女の名前の「ちらん」の由来をよく聞かれる。

実は「ちらん」は略称です。

名前の由来を全体的に繰り広げるとこう読む↓

hisanagachiran.png

略して「ちらん」。

実はこう見えても、薩摩藩の島津家に仕えていた久永家の武士の子孫なんです。

4805291377263238-elyj.gif

久永千藍...縁起と演技がいいな!

Category: エキスポ   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

エレベーター事件

ji3.png
eleve2.png
cielift.png
elevat.png
ele123.png
rouge.png
femme8.png
lift4.png

Category: フランス語ばってんの逸話   Tags: ---

Comment: 5  Trackback: 0

下着物語

以前、語ったように熊本で意外なところでフランス語をよく見かけたりする...

もちろんフランス語がわからないとどれだけ可笑しいかわからない可能性が高い。

まぁとにかく、先日およそ4ヵ月熊本から離れていた娘たちが熊本に帰ってしまって、かなり大きくなっていたので、新しい洋服を買うことにし...

DSCF6737.jpg

西松屋に行ってきた。

ついでにラフィケン先生が選んだ新しい下着を!(これだとラフィケン先生の好みがわかるだろう...)

DSCF6734.jpg

ただ家に帰り、パンツを広げてみますとなんと...!

DSCF6744.jpg

「Tu sens bon」と書いてある...!

つまり日本語で「君はいい匂いしてるね」

イヤらしいな...!とラフィケン先生は憤慨した。

でも冷静に考えてみますと「ひょっとして対話型パンティーかな?」と思った。

つまり一日経つと、一日中部活に励んだ多くの女子高生のように「Tu sens bon」が「Tu sens mauvais」に変わり、不潔度探知機かなと思った。

さすが「Made in Japan」!

Category: 通訳の実績   Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

ジャパンエクス...en-provence

皆さん、

先月、ジャパンエクスポのために5日間もパリに滞在していたので、熊本市の友好都市であるエクサンプロヴァンス市に一日いたことをまだ報告していませんでした。

深くお詫び申し上げます

エクサンプロヴァンスといえば今月の市政だよりにこういう募集がありますが、気づきましたか?↓

sisei.jpg

時間ある方ぜひ!

vaix.jpg

もちろん向こうとの市民交流するから、旅行フランス語を少し知った方がさらに楽しいですよ!

ちなみにエクサンプロヴァンスの「市政だより」的なものに...

caix.jpg

...7月の熊本の訪問団について一言書いてあったよ↓

caix3.jpg

和訳:

熊本・アン・プロヴァンス

7月5日~9日まで、交流都市である熊本の友達を迎えるのに太陽と陽気さが出席していた。

食文化・子育て・能楽や様々な交流企画多目的滞在の際に、12人の訪問団がエクス市とその周辺を見学することができた。

保育園見学やエクス市民との交流のお陰で、今回のプロヴァンス文化の潜入捜査的な週末では絆を深めることができた。思いがけないカルチャーショック!

グラネ美術館・能の舞台・カリソン工場・中心街の市場などの見学・在マルセイユ日本国総領事館にての会議・食事会などスケジュールでは様々な事業が予定されており、エクスの文化や食の魅力は注目された。

協力事業に関しては2013~14年度に8つの計画が予定されて、とても豊富な滞在だった。その中で来年の2月に行われる熊本城マラソンへの参加や2014年後半に熊本旅行などが注目。すなわちこれから益々話題になる若くて、活発なエクス熊本協力が期待されいる!

以上。」

一日の滞在で、写真を撮る暇はあまりなかったが、せっかくだから歓迎朝食の歓迎スピーチの風景を載せさせていただきます。

IMG_0752.jpg

歓迎朝食が行われた部屋は熊本とエクサンプロヴァンスの結婚を象徴する結婚式専用の部屋だった。

IMG_0754.jpg

ハネムーンが永遠に続くように!

Category: フランス語ばってんの逸話   Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

PRを頑張った成果

帰国して、何人かに「ジャパンエキスポは楽しそうだったね!」と言われたんですが、相当頑張ったよ!

市の職員たちとラフィケン先生が熊本PRを頑張った結果で、くまモンではなくホリエモンが設立したLIVEDOORのニュースではくまモンではなくラフィケン先生たちが記事の写真に写っていました。

je.jpg

ホリエモンありがとう!

それと「The Japan Times」の記事の写真に写っているくまモンとポーズを取っているこの子達↓

jn.jpg

実はくまモンが姿を現す直前にラフィケン先生が「熊本城の前でケロロ軍曹と写真を撮りませんか?」と声をかけた女の子たちですよ

DSCF6101.jpg

LIVEDOORの記事では「中でも今回特に目立っていたのは熊本県・熊本市のブースでした。」が書いてあるのはケロロ軍曹をはじめとしてラフィケン先生たちが一生懸命声をかけて熊本をアピールしていたからだよ

熊本のブースの前で、くまモンがパリ撮影から戻ってくるのを待っていたLIVEDOORなどの日本のメディア関係の人たちがラフィケン先生たちの頑張っている姿を認めて、その写真を載せたわけです(...多分...)

※3つ目の写真の真ん中の男の子は池田さんが喜ぶ「星の王子様」ですよ

Category: 翻訳の実績   Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

ジャパンエキスポ用のパンフレット

ジャパンエキスポでは熊本市のPRのためにパンフレットがいくつか用意してあった。

その中でケロロ軍曹が熊本城を紹介するパンフレットを...

keroro.jpg

フランス語に訳した。

ケロロ軍曹を使ったことはすごく良い考えだった。

なぜならフランスではケロロ軍曹は20万部のフランス語訳が出版されているので、知っている人がけっこう多かった。

そして...

kero.jpg

今年の3月に熊本市が国連「生命の水」最優秀賞を受賞したので、それを記念に、こちらのパンフレットも...

mizu2.jpg

フランス語に訳しました。

よく見るとタイトルが面白い言葉遊びになっております。

「熊本」の「本」が「水」に「棒」になっています。

この資料の翻訳を依頼された時に市の職員に「この言葉遊びは訳せないので、訳さなくていい」と言われた。

確かにイタリアの作家のウンベルト・エーコさえも言った:

Les jeux de mots sont, par définition, intraduisibles.
「言葉遊びは基本的に訳せません。」


しかしラフィケン先生は「訳せるよ!」とすぐ答えた。

どんな風に訳したかというと↓

eau5.jpg

こんな風に↓

Kumamoteau

「Kumamoto」の最後の「o」を「eau」(水)に変えたが、綴りが変わっても発音は「クマモト」のまま

これで言葉遊びのエッセンスが保たれた

ちなみにラフィケン先生が提案したデザインまで採用された

国際室長に「よく考えたね!」と言われたが、ラフィケン先生は「頭のいい人は考える。天才は思いつく。」と指摘させていただきました。

eau4.jpg

このパンフレットを見ると熊本市民が本当に水に恵まれているということが改めてわかる。

これで熊本の知名d'eauがかなり上がったと思う

を大切に

08 2013 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日の訪問者様
Monthly Archive
Profile

ラフィケン

Author:ラフィケン
Welcome to FC2