熊本・九州フランス語講座・翻訳・通訳

九州フランス語通訳・翻訳サービス

Category: 千藍のおすすめスポット   Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

野生児物語

本日は2014年(平成26年)1月5日…

P1060071.jpg

今年の江津湖の初の水遊びでした。

P1060077.jpg

実は前の日に江津湖に遊びに行った時に、次女がラフィケン先生が見ていない隙間に水に入って本人は大喜び...それを見たお姉さんが真似して、あまりにも楽しそうだったので、ラフィケン先生はしばらくそのまま遊ばせた。もちろん靴も、靴下も、ズボンも水浸し…

家に帰る途中二人姉妹が「明日も行こう」ってきゃっきゃっ笑い…

結局今日も準備万端で再び遊びに行った。

P1060069.jpg

最初はズボンをはいったままだったが...

P1060079.jpg

途中で「ズボン脱ぎたい」と長女が言い出した...幸いに水着をはかせていた。

P1060086.jpg

今日は晴れていたので、まさに水遊び日和でした

P1060087.jpg

ラフィケン先生もはだしで入ったんだけど、水が驚くほど暖かかった

P1060091.jpg

というよりも気持ちよかった

P1060089.jpg

実はその夜新年会に行ったんですが、そこにいた方の説明によると、冬は外が10℃でも江津湖の水は1年中17℃だそうです

P1060118.jpg

だから夏は冷たく、冬は暖かく感じる訳

P1060090.jpg

周りの人からまるで気違い家族と見られていた…でもそれでもいい!楽しいから!

edufuyu.jpg  edufuyu2.jpg 
時間があっという間に過ぎた...

P1060082.jpg

途中で腹がぺこぺこで…

P1060115.jpg

もちろん風邪引かないように、タオルと毛布を大量に用意してもって行った。

毛布に包んでおやつを前の日に観た「ヴェルサイユの子」の用に野宿生活で娘たちは大喜び。

P1060116.jpg

楽しかったね

P1060120.jpg

また来ようね

結局江津湖の水遊びは一年中楽しめるもんだなくまもん_m

Category: 千藍のおすすめスポット   Tags: ---

Comment: 7  Trackback: 0

まのんのマドレーヌ

以前、紹介したことがある友達のお店に久々に行ってきた。

PAP_0476.jpg

つまり「パレ メルヴェイユ yamaoka

PAP_0474.jpg

あれから長女がだいぶ大きくなったな...

PAP_0473.jpg

でも相変わらずの甘党兼食いしん坊...

PAP_0472.jpg

次女の方がマドレーヌ一個で満足...

PAP_0468.jpg

あれっ?

PAP_0470.jpg

フランスの懐かしい味でも思い出したのか?

PAP_0471.jpg

「突如として、そのとき回想が私にあらわれた。この味覚、それはマドレーヌの小さなかけらの味覚だった、コンブレーで、日曜日の朝(というのは、日曜日はミサの時間になるまで私は外出しなかったから)、私がレオニー叔母の部屋におはようを言いに行くと、叔母は彼女がいつも飲んでいるお茶の葉またはぼだい樹の花を煎じたもののなかに、そのマドレーヌをひたしてから、それを私にすすめてくれるのであった。プチット・マドレーヌは、それを眺めただけで味わってみなかったあいだは、何も私に思いださせなかった、というのも、おそらく、そののちしばしば菓子屋の棚でそれを見かけたが、たべることはなかったので、それの映像がコンブレーのあの日々と離れて、他のもっと新しい日々にむすびついてしまったからであろう、またおそらく、それほど長いあいだ記憶のそとにすてさられたそんなさまざまな回想からは、何一つ生きのこっているものはなかったし、すべては解体してしまったからであろう、それらの物の形態は――謹厳で信心深いその襞につつまれてあんなに豊満な肉感をもっていたお菓子のあの小さな貝殻の形もおなじように――消滅してしまったのだ、それとも、眠りこんで、ふたたび意識にむすびつくだけの膨張力を失ってしまったのだ。しかし、古い過去から、人々が死に、さまざまなものが崩壊したあとに、存続するものが何もなくても、ただ匂と味だけは、かよわくはあるが、もっと根強く、もっと形なく、もっと消えずに、もっと忠実に、魂のように、ずっと長いあいだ残っていて、他のすべてのものの廃墟の上に、思いうかべ、待ちうけ、希望し、匂と味のほとんど感知されないほどのわずかなしずくの上に、たわむことなくささえるのだ、回想の巨大な建築を。」

マルセル・プルースト『失われた時を求めて』


ここに出てくる「プルーストのマドレーヌ」(la madeleine de Proust)はフランスではあまりにも有名になったので、日常よく使われる表現になった。

意味は「若い頃の思い出を蘇らせる小さな出来事」あるいは「情動的潜在力のある小さな行為」

プルーストはお菓子作りがすごく得意だという評判は特になかったが、彼のマドレーヌは本来のコメルシー(ロレーヌ地方)のマドレーヌよりも有名になった。

実はこの表現は記憶の底から衝撃的で遠く離れた思い出を激しく蘇らせる小さな行為や出来事・匂い・感覚などのことをほのめかす。

この表現が「プルーストのマドレーヌ」と呼ばれたのは、『失われた時を求めて』の第一篇 『スワン家の方へ』の中でプルーストが思い出の蘇り経験を語るからだ。

なぜなら、プルーストを暖めるために母親が紅茶の中につけたマドレーヌを彼に食べさせたりすると、その味は、コンブレーに住んでいた頃に、レオニー叔母さんが紅茶の中につけたマドレーヌを彼に味見させたりしていた時代にさかのぼる思い出を引き起こすからだ。

そういえば日本にも同じようなのがあるよね!

ほらっ!夏目漱石の「坊っちゃん団子」たい!

DSCF9094_convert_20130922130435.jpg

ていうか「失われた時を求めて」(1913年)に出てくるマドレーヌよりも「坊ちゃん」(1906年)の中に出てくる団子の方が歴史があるよね!

Category: 千藍のおすすめスポット   Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

ちっぽけな幸せ

今日、13日の金曜日(9月)。

いまだに猛暑が続いております。

ラフィケン一家はほぼ毎日江津湖で夏を過ごしました。

江津湖の透明度は沖縄を超えているので、海までわざわざ行きたいと思わない...

DSCF7083.jpg

今日も朝から江津湖に行って参りました。

あれっ!なにしてる!?

DSCF7040.jpg

何かあるみたいね!

DSCF7043.jpg

猫目石かーっ!なるほど!

DSCF7044.jpg

またかい!

DSCF7060.jpg

だだーん!ラピスラズリ!

DSCF7061.jpg

とにかく水が透明なので、見つけやすい!

DSCF7062.jpg

宝石だらけね!!

DSCF7063.jpg

今度はエメラルド!

DSCF7064.jpg

妹にも!

「はいどうぞ!」

DSCF7069.jpg

琥珀だー!

DSCF7070.jpg

宝物探しが盛り上がる!

DSCF7079.jpg

本日の収穫!

DSCF7067.jpg

女の子が好きそうなアイテムだらけね...

Category: 千藍のおすすめスポット   Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

熊本にしかないお店発見!!

先日オヤジと自転車で散歩していたら、御幸笛田で迷子になった...

そこでビックリの発見をした!!

なんと!!熊本にしかないお店!!

P1030069_convert_20121011232426.jpg

ご覧ください!

「日本でここだけ」だそうです!!

「50円の焼き鳥」!!

「味自慢」!!

P1030070_convert_20121011232518.jpg

早速近付いてみよう...

パッとしない雰囲気...

メニューを覗いてみよう...

P1030074_convert_20121011232713.jpg

とにかく安い!!

中をの覗いてみよう...

P1030073_convert_20121011232622.jpg

様々な種類!!

そしてニコニコなおっちゃん!!

「ちわー!50円の焼き鳥の盛り合わせを1000円分ください!」

「かしこまりました!塩とタレはどちらがよろしいですか?」

「塩でお願いします!」

「はいっす!少々お待ちください!」

しばらくすると...

「お待たせしました!」

P1030076_convert_20121011232807.jpg

「わぁー!美味しそー!ありがとー♡」

「あなたは美人ですね!また来てください!」

「また来まーす!バイバイ!」

P1030078_convert_20121011232912.jpg

早速味見した!

お味は...

P1030080_convert_20121011233018.jpg

鳥皮は...鳥肌が立つぐらい美味しい!!

ばっちり!!

また行けるように道のりを暗記した↓


Afficher 50円のやきとり屋さん sur une carte plus grande

是非行ってみたください!

P1030085_convert_20121011233203.jpg

オススメ!!

Category: 千藍のおすすめスポット   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

江津湖!

今年の夏にラフィケン親子はほぼ毎日江津湖に水遊びに来た!

これってカッパ?人魚?

もちろんうちのちらんちゃんでござる。

水遊びが大好き〜!

ile.jpg

ただ子供から目を絶対に離してはいけないということを再確認した...

requin attaque

でないとエラいことになる...

お騒がせして申し訳ありませんでした...
04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今日の訪問者様
Monthly Archive
Profile

ラフィケン

Author:ラフィケン
Welcome to FC2