熊本・九州フランス語講座・翻訳・通訳

九州フランス語通訳・翻訳サービス

Category: 熊本 見知らんガイド   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bistro 2 plats

先日、大西市長が通っているフランス語講座の後に、生徒達と一緒に、ランチをしました。

IMG_20180908_135702.jpg

今回のお店は、新町中央郵便局のすぐ近くにある「Bistro 2 plats」でした。なぜそこにしたかというと...

IMG_20180908_135717.jpg

オーナーシェフの岩崎シェフが、そのフランス語講座の教え子のうちの一人だから↓

IMG_20180908_122424.jpg

本当は夜だけの営業ですが、クラスのメンバーのために、特別にお昼の営業をしていただき、しかも特別なランチメニューを用意してくれました!!

ほとんど皆は初めてでしたが、ラフィケン先生は、岩崎シェフを数年前から知っており、いつも「野郎どもの会」をそこで開催しております。(野郎どもの会は簡単に説明すると、ある程度の学歴と社会的な地位のある紳士的なイケメンクラブです。でも本当は、学歴と知識は余計...なぜならメインの話題は子育てだから)

とにかく、特別メニューとは、クリスマスメニュー並みのもでした!

まず、「ハガツオと野菜のタルタル」↓

IMG_20180908_123911.jpg

絶品でした!!美味しすぎて、言葉をなくして、涙が出てしまいました。

そして、主催は、お肉の方が、「天草放牧豚のカイエット」↓

IMG_20180908_125857.jpg

魚は「イサキとジャガイモの鱗仕立て」

1536539358948.jpg

僕はお肉にしましたが、本当に美味しかったです!そしてマッシュポテトも絶品でした!

そして、シェフからのサービスですが、「テリーヌ」をいただきました。

IMG_20180908_131330.jpg

そして、最後にコーヒーとデザートでした。デザートは「ココナッツ風味のブランマンジェ」でした。

IMG_20180908_133117.jpg

これもまた美味しかったです!

どれも美味しかったです。

機会があれば、ぜひお立ち寄りください。

僕の父が熊本に来た時に言いましたが、「熊本で食べるフレンチは、フランスで食べるフレンチよりも美味しい」

私は大賛成です。

Category: 熊本 見知らんガイド   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

夜の落ち着き

うちの近所(市立図書館通り)を走っていたら、新しいお店が出来ていた。

P1160032.jpg

しかも、その名に目が引きつけられた↓

P1160031.jpg

フランス語!「Calme du soir」(夜の落ち着き)

何屋さんかと思っていたら、以下のポスターが貼ってあった↓

P1160036.jpg

けっこう気になったので、早速食いしん坊の娘と潜入捜査...

お店に入ると、なんと...発泡スチロールみたいなのが、バケツの中に入っている↓

P1160035.jpg

全く想像がつかない...新食感とは???

P1160034.jpg

結局、相棒は...

P1160028.jpg

ソーダ味で...

P1160029.jpg

ラフィケン先生はりんごベリー味にチャレンジ!

P1160030.jpg

食感は確かに...初めて!アイスクリームのようにすぐ溶けるベロにくっ付くちっちゃな氷みたい。

不思議...でも美味しいし、これからの夏にぴったり!

P1160033.jpg

食べているうちに野球少年たちも現れ、このお店は間違いなく、この夏の大ヒットになりそう。

Category: 熊本 見知らんガイド   Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

酵素風呂体験

今日はここに行ってきた!

P1140984.jpg

植木の噂の酵素風呂!

P1140972.jpg

実はそこを運営しているのはフランス語の生徒のとしさんです↓

P1140975.jpg

外から見て、パットはしませんが入ってみると、雰囲気は北欧のサウナ施設!

P1140922.jpg

そして確かに酵素風呂が目の前に繰り広げられます!しかもとても香ばしい香りが第一印象です!

P1140924.jpg

5トンのヌカが入っており、木くずなどの不純物は一切混じっていないそうです♪
そして、マイナスの電気を帯びたミネラルだけの発酵だそうです!
発酵温度は約60℃で、1g中に100億個の微生物が出す波動熱で20〜30分入ると、20〜30㎞走るのと同じくらいの汗が出るそうです。

体温が上がることで免疫力がアップされ、汗をかくことによって毒素排泄が行われるそうです。
アレルギー、リウマチ、癌に効くと言われています。

とにかくさっそく真っ裸になり...指宿の砂風呂に似ています!

P1140940.jpg

普段、新しい経験を嫌がる次女さえも自分から入った!

P1140950.jpg

温か〜ぃ♪

P1140966.jpg

次はラフィケン先生の順番...

P1140954.jpg

気持ちい〜ぃ ♪

P1140960.jpg

...と思いきや、20分入るので、だんだん熱くなるし、顔中は汗びしょ濡れになり、かなり長く感じた。

P1140963.jpg

しかし、20分経つと、本当に気持ちいい!

P1140970.jpg

最後にシャワー浴びて、効果を待つだけ。

P1140971.jpg

終わった後に、畑用の肥料をいただいて、元気になって家に帰りました。

P1140980.jpg

こんな素敵な仲間ができるのはフランス語ばってんだけです!

Category: 熊本 見知らんガイド   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ガレット・デ・ロワ

フランスでは1月6日は「エピファニ祭」です。

その日に「ガレット・デ・ロワ」というアモーンドクリームのたっぷり入ったパイ生地のお菓子を家族などで食べます。

今年もラフィケン先生の家でガレット・デ・ロワを家族で食べました。

P1030810.jpg

今年のガレット・デ・ロワを熊本市けやき通りにある「Maison de Kitagawa」で手に入れました。

P1030814.jpg

ミニ・ガレット・デ・ロワです。
とても美味しいガレットでした。

P1040003.jpg


ガレット・デ・ロワの中にフェーヴという陶器の小さな人形が隠れていて、ガレット・デ・ロワを人数で分けて、フェーヴに当たった人は紙の冠を冠る!

0a8.gif

エピファニ祭はイエス・キリストが生まれた12月25日の12日後の1月6日にプレゼントを持った3人の王に訪問された日を記念する祭日です。

Category: 熊本 見知らんガイド   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

赤煉瓦

akarenga.jpg

熊本市の中心地にあるフランス料理のお店「赤煉瓦」。扉を開けて中に一歩踏み入れると外の喧噪は嘘のように
静かで落ち着いた雰囲気です。ゆったりとした時間が流れているように感じます。 

KC3H0024.jpg

お店の名前が焼き印されたパンはバターを付けていただいても美味しいですが、様々なソースを存分に味わうためにも
大事な存在です。

amuse-gueule.jpg

おつまみです。どちらもとても美味しく、これからのお料理の期待が高まります。

KC3H0025.jpg

赤煉瓦のラベルの赤ワイン。とても飲みやすいワインでした。

entree2.jpg

お皿の中はお花畑のようで春を感じました。程よい酸味と甘さが絶妙でした。この一皿は可憐な少女のようです。

entree3.jpg

こちらは定番の一皿だそうです。穴子をこのようにいただいたのは初めてでした。

potage.jpg

綺麗な緑色のスープ。ほうれん草のスープです。目の前に置かれた瞬間から良い香りがしていました。


viande.jpg
二十種類の野菜のサラダとりんどうポークのボリュームある一皿。こうばしく甘い香りが漂っていました。サラダは一つ一つ野菜を確かめて楽しくいただきました。豚肉はとても柔らかく、焼き目のこうばしさとほどよい塩、マッシュポテトのまろやかさに甘いソースの全てが素晴らしいハーモニーとなっていました。

dessert1.jpg

梨のコンポートで口休め。

dessert varie

色々なデザートを味わえる何とも欲張りなそして幸せな一皿です。

お料理の素晴らしさを言葉では上手く表現できないものです。とにかく素晴らしく美味しかったの一言です。五感全てを楽しませていただきました。シェフの心延えに感動です。
ギャルソンはとても丁寧に、温かくサーブしてくださり、優しいお人柄がにじみ出ていました。
落ち着いた素敵なお店の雰囲気に温かさを感じる理由の一つはお店の方のお人柄だと思いました。
素敵なマダムの笑顔に会えることもお店に通う大きな楽しみです。

Fumicelli


Agrandir le plan
04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今日の訪問者様
Monthly Archive
Profile

ラフィケン

Author:ラフィケン
Welcome to FC2